KENKO

全員できるSEO

Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)ではなく、

Self Emotional Objective(自己感情的な目的)にしてみよう。

ホームページの在り方を考える

ホームページは名刺代わりだから。今の時代ホームページがないと疑われるから。

そのような考えでホームページを作ると正直お金の無駄です。
名刺のようなホームページで果たして問い合わせが増えるでしょうか?

名刺は対人で行うからこそ最低限の情報でも大丈夫でしょう。

しかし、ほぼ無制限にあなたの会社やあなたのパーソナリティが掲載できて更新もすることができる仕組みがあるのにも関わらず、名刺代わりのようなホームページでは、訪れるユーザーの問題を解決することができません。

まずホームページがどうあるべきなのか考える必要があります。

目的はなに?

ホームページからの問い合わせを増やしたいのか、売り上げを上げたいのか、両方なのか、ブランドを知ってもらいたいのか、またはそのブランドを広げていきたいのか、自社の商品の差別化を図り注文をもらいたいのか、個人的なサイトなら世間にしってほしいのか、などなど様々な目的別にホームページはあなたの手でその目的地を決めることができます。
人々に安心を与えたいのか、安全を感じて欲しいのか、思いを伝えたいのか。
もっというと上記の目的すべてを満たすこともできるのです。

自己感情的な目的

自己感情的な目的とは、あなたがこんな人にホームページを見てもらいたい。その人にはこう感じてもらいたい。
そんな自己が思うものを目的とすることがKENKOのSEOでは重要だと考えています。

大きなキーワードでヒットしたい。

これも重要でしょう。

そのビッグキーワードといわれるものでも、今のユーザーはさらに奥深く掘っていきます。

もっともっと調べたい内容を深堀していくのです。

今では深堀していく過程で、専門的な知識を一般人が簡単に手に入れることができます。

毎日一時間や二時間程度、医療のとある分野に関して毎日検索して調べていれば、それなりに語れるほどの知識が容易に身に付きます。

このように今の時代は情報がオープンになっています。

オープンだからこそ、名刺代わりのようなホームページではせっかく訪れたユーザーもその内容の薄さにあきれてすぐにサイトから離れます。

結果、SEO上もっとも避けたい「離脱率の高い」サイトになってしまいます。

他と似通ったサービスであれば何が売りになるのか考えてください。

一番差別化を図れるものは何か?

会社の中?

それとも歴史?

社員の良さ?

社風の良さ?


これらも立派な差別化になります。

しかし一番他と差別化できるのは「あなた自身が思う顧客への思いの違い」です。

思いはあなただけが持つ最大の差別化

あなたがもつ顧客への思い。
このサービスを利用してもらうことで、お客様にはこんなメリットがある。こんな気持ちよい気持ちになってくれる。などこの世に現在存在している商品やサービスは必ず誰かの役に立ち、誰かを満足させています。

価格的な面で満足してるのも十分理由の一つでしょう。

しかし価格だけでは今の経済社会では立ち行かない状況になりました。

それは、ユーザー顧客の判断基準が高く知識もレベルアップしているため、取捨選択に対して、今までよりもシビアになってきています。

そこら辺にある同じようなものを販売しているようでは差別化を図れない時代になりました。

誰でもできるようなものはすぐに流行りすぐに廃れる。

誰にもできないことは何か?

お金をかけて何かするのか?

そうではなく、あなたの思いなのです。

会社を運営している人なら経営理念失くしては会社は多くの社員を引き連れて進むことは難しいでしょう。

なぜのその理念の元に会社を運営しているのか、理念こそが軸であれば、それは世の中に対して、顧客に対しての会社の求めるべき指針です。

そこに人があつまりファンとなり自社の製品の利用者、サービスの利用者になるのです。

思いは人それぞれです。

同じ思いを持っていたとしても千差万別。

2017年からはオウンドメディアが多くの会社が採用を始めています。

それは社内、または社外に対して社内の人間が発信をしていくブログサイトのようなものです。

社員が一人ひとり感じる会社という存在、仕事に対しての思い。

これこそが誰にもまねできないコンテンツとなるのです。

専門的な内容も一つですが、このように会社の中や社風が感じれる会社に勤めたいと思う若者や、この会社のファンになりサービスの利用者になる人も増えてきています。

あなたの持つ「思い」こそが誰にも負けない、真似のできないコンテンツとなり差別化を図ることができます。

全員が出来るSEO対策

全が出来るSEOとは、全員がそれなりに思いがあるからできます。

その思いを発信することで、様々なコンテンツを思いに沿って作っていきます。

何も軸のないサイトだと、制作する側の言いなりになり、それこそ制作サイドとあなたの会社、あなた個人との融合が生まれず全く思いのこもっていない、変わり映えのないサイトになり数十億のサイトの中に埋もれてしまいます。

全員ができるSEOとは、皆が持つそれぞれの思いの上に成り立ち情報発信をしていくことで、差別化が取れ、ユーザーが増えていき結果として問い合わせの増加やサービス利用者の増加、売り上げの増加へとつながります。

ここのラインから底上げをしていき、結果大きな求めていたビッグキーワードで検索結果に表示されます。

KENKOでは、SEO対策の費用をだれでもチャレンジできるように設定しています。

SEO費用

SEOの費用は一キーワード月額5000円となります。

キーワードの選定をして、こちらでSEOの施策を日々行っていきます。

その為には、前提としてあなたには「思い」を発信し続けて頂く必要があります。

もしKENKO的SEOにご興味があれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

SEO対策とはよくよく耳にします。ホームページを作れば検索にかからなければほとんど意味がありません。 広告やSEO業者に頼らずともあなたのサイトは検索にかかります。 SEOは Search Engine Optimization 検索エンジン最適化という意味ですが、これから必要なSEOはSelf Emotional Objective(自己感情的な目的)を創り上げていきましょう。 自己感情的な目的。つまり自分という人間(ブランド)をサイトに反映させていくことが重要になると思います。